2017年07月 プログラム

HOME > 07月プログラム
印刷用PDF 2017年07月予定表(PDF)(日程・内容の変更があります。以下をご覧下さい。) ★2017年山登り研究会案内
プログラム申込 ★難易度について ★キャンセルについて ★パーソナルプランのすすめ
★原則として3名より実施
★記号凡例 ○:実施 △:もうすぐ実施 □:募集中 ×:中止

日本二百名山・新花の百名山
○01.南ア前衛・櫛形山 07/01(土) GG 14,000円 【参加要項】
 甲府盆地から眺めると丸い和櫛の山容をした山です。日本二百名山であり、アヤメとテガタチドリが新花の百名山になっています。この時期、アヤメ平にはアヤメが咲きますが、最近はシカの食圧と湿地の乾燥化により少なくなっているようです。少し前にキバナノアツモリソウもこの時期にみました。

まさしく季節の山
【新規追加】02.御坂・雨ヶ岳 【参加要項】
 梅雨だから雨ヶ岳に行こうではありませんか。静岡県と山梨県の県境にある天子山塊の山です。となりにはダイヤモンド富士で有名な龍ヶ岳があります。山名の由来は竜ヶ岳と同様に山頂付近に霧がかかりやすいところからきているらしいです。ここで天気になれば「晴女」「晴男」間違いなしですね。

山登り研究会 Indoor Meeting
【新規追加】03.無事に家に帰るために 自然災害をどう回避するか? 7月9日(日) 【参加要項】
 御嶽山の噴火で多くの登山者が犠牲になったことは記憶に新しいです。集中豪雨、台風など気象災害や土砂崩れ、土石流、火山噴火など自然災害に山で見舞われた場合どのように回避するか。考えてみましょう。10時15分~ マイスペース・カフェミヤマ高田馬場駅前店にて。

みちのく潮風トレイル
【9月に延期】 02.久慈周辺と野田村~普代村北部ルート 07/02(日)~04(火) GG 49,500円

日本二百名山 
【中止】03.北海道・暑寒別岳 07/06(木)~08(土) G 72,500円

超ゆったり余裕の日程
【中止】04.北海道・アポイ岳 07/09(日)~11(火) 3G 80,000円 

岩場を安心して歩く技をトレーニング
【中止】05.奥武蔵・平戸の岩場 07/16(日) 9,500円   

荒川岳から赤石岳を望むあまり歩かれていないルートをトレース
【日程変更】06.三伏峠~荒川三山 07/14(金)~18(火) G 65,500円 【参加要項】 
 ここを歩いたことのない人は多いはず。名の知れた山が少なく渋いコースだけれど南ア主脈の中心部の縦走路です。きっと静かな縦走が楽しめます。小渋川への大崩壊はなかなかのものですよ。避難小屋に宿泊しますが、管理人がおり、寝具、簡単な食事は出してもらえます。

日本のど真ん中
○07.美ヶ原・鉢伏山 07/23(日) GG 15,000円 【参加要項】  
 ドーム状の鉢を伏せたような山容が特徴の山。美ヶ原の南にあるこの山は、日本のど真ん中で北、中央、南アルプスの好展望台です。山頂付近は亜高山帯の草原のため、高山植物の花々を多く見ることができます。夏の初め花を楽しみながらのんびりと歩きませんか。

白馬大池より雪倉岳方面後立山をつなげる
△08.朝日岳~雪倉岳 07/24(月)~27(木) G 55,000円 【参加要項】  
 後立山連峰をちょっとずつ繋げてきました。当初予定の逆コースとしました。日本海もだいぶ近づいてきました。今回は白馬連峰の北側の山々、そう、高山植物のきれいなところです。朝日岳から雪倉岳、三国境の間は多様な地質をしているため、多種の高山植物を見ることができます。

浅間隠山から鼻曲山信州100名山を登る
○09.信濃・鼻曲山 07/30(日) GG 14,000円 【参加要項】
 面白い山の名前ですね。山容が曲がった鼻に似ているのでこの名前が付いたとされています。山頂からは浅間山が目の前に望めます。当初計画からコース変更、二度上峠から往復して、途中のレンゲショウマに期待します。浅間山と軽井沢高原の景観は面白いですよ。

小赤石カール上から赤石岳を望むゆったり余裕の日程
△10.南ア・赤石岳 07/31(月)~08/04(金) GG 91,000円 【参加要項】  
 南アルプス南部の盟主赤石岳にゆったり余裕の日程で登ります。山頂の避難小屋泊だから周囲の高山植物、夜の星々、朝のご来光を楽しむことができます。山頂直下の小赤石カールではたくさんの花々が出迎えてくれるでしょう。高山の花をじっくり見たい方、写真を撮りたい方におすすめの計画です。