2017年09月 プログラム

HOME > 09月プログラム
9月のプログラム実施予定です。詳しい内容は【参加要項】をクリックして内容をご確認ください。
2017年山登り研究会案内
プログラム申込 ★難易度について ★キャンセルについて ★パーソナルプランのすすめ
★原則として2~3名より実施します。
★記号凡例 ○:実施 △:もうすぐ実施 □:募集中 ×:中止

山梨百名山

□01.甲斐・太刀岡山 09/03(日) GG 15,000円 【参加要項】

 勇ましい名前の山ですね。山容は岩がにょっきり立ち上がったようで、分県案内では「岩のタケノコ」と表現しています。この山はどうやって出来たのだろうか?溶岩ドームという説もあるらしい。カニのはさみ岩という面白い岩もあります。3名から実施、最大4名まで。

ゆったり日本百名山

□02.八ヶ岳・赤岳 09/04(月) ~ 06(水) GG 49,000円 【参加要項】

 ゆったりした行程をとったプログムですので体力に自信ない方も安心して参加することができます。八ヶ岳は実は火山、主峰赤岳は随分昔に噴火したので今は火山のようではありません。赤岳鉱泉に2泊、ゆったりと日本百名山に登りましょう。2名から実施、最大3名まで。
【写真:横岳より赤岳を望む(6月初旬撮影)】


日本百名山

○03.南ア・光岳(てかりだけ) 09/08(金) ~ 10(日) G 38,500円 【参加要項】

 南アルプス連峰の南限、ハイマツの南限、ライチョウの南限など南限づくしの山。名前は山頂の南側にある石灰岩の陽が当たると遠くから光って見えるから付いた山名です。途中のセンジュヶ原には周氷河地形のアースハンモックを見ることができます。1名から実施、最大3名まで。
【写真:アースハンモックのあるセンジュヶ原から光岳方面(8月初旬撮影)】


下から歩く百名山

○04.霧ヶ峰・観音沢~車山 09/15(金) ~ 16(土) GG 34,500円 【参加要項】

 霧ヶ峰の車山には車山の肩からひょいっと往復して登っている方が多いと思います。一度、下から歩いて山頂に立ってみませんか。日帰りでは行くことができませんが、自然豊かな観音沢の道をたどって八島湿原へ。ゆっくりとヒュッテに宿泊して、翌日蝶々深山から車山山頂に立ちましょう。2名より実施、最大3名まで。
【写真:レーダーのある車山山頂を望む(9月初旬撮影)】

▲ ページトップへ


静かな山あるき

○05.塩尻・鉢盛山 09/17(日)現地泊 ~ 18(月・祝) G 29,500円 【参加要項】

 松本平から眺めると鉢に盛り付けたような丸いどっしりとした山です。通常はなかなか行きにくい山です。前日に朝日村役場に行って林道の鍵を借りて途中の登山口から山頂へ。山頂周辺はシラビソ、コメツガなどの亜高山帯針葉樹林となっています。もちろん山頂からはアルプスをたくさん見ることができます。アプローチはレンタカーを利用します。3名より実施、最大4名まで。


下から歩く百名山

○06.津軽・岩木山 09/22(金)弘前泊 ~ 24(日) GG 50,000円 【参加要項】

 下から歩く百名山シリーズ。岩木山は岩木スカイラインとリフトを使って短時間で登った方が多いと思います。こんな良い山、下から歩いて登ってみましょうよ。リンゴ畑の裾野岩木山神社からブナ林を登って山頂へ。きっと気持ちがいいですよ。日程に余裕があるのでゆったりと登れます。3名より実施、最大5名まで。
【写真:麓の田園地帯から岩木山を望む(6月下旬撮影)】


ブナの森を歩く

○07.白神・高倉森 09/24(日)弘前泊 ~ 26(火) 3G 63,000円 【参加要項】

 白神山地のブナに会いに行きましょう。津軽峠からゆっくりと往復、マザーツリーに会って、世界自然遺産域の高倉森山頂に登ります。前、後泊するので日程的にかなり余裕があります。そろそろ紅葉が始まる頃、ゆっくりと秋のブナ林を歩いてみませんか。2名より実施、最大3名まで。
【写真:白神山地のブナ林(9月中旬撮影)】


あまちゃんを歩く

○08.みちのく潮風トレイル 09/26(火)久慈泊 ~ 29(金) GG 56,500円 【参加要項】

 みちのく潮風トレイルは青森県の八戸から福島県のいわきまで海岸線に続くロングトレイルです。まだ全部が完成していませんが、その中のモデルルートをつないで南下します。今回は予告を若干変更、普代村~田野畑村の海のアルプスと呼ばれるルートを歩きます。日程に余裕がありますのでゆっくり歩きます。
2名より実施、最大4名まで。
【写真:リアス式海岸の地形(6月下旬撮影)】

▲ ページトップへ